求人サイトはリクナビNEXTなど、自分のこれまでの経歴・職歴を入力しておくと、

求人サイトはリクナビNEXTなど、自分のこれまでの経歴・職歴を入力しておくと、
スカウトされるような形式で求人メールが届くようなものに登録していました。

「スカウト型転職サイトの良かった点と悪かった点」
良かった点:企業とのマッチングが良い。今までやってきた事や経験してきたことを無駄にしない転職ができる。
悪かった点:未経験の職業に挑戦したいと考えて転職する場合はマッチングがうまくいかない。転職希望の業種からのスカウトがなかなか来ない。

仕方のないことではありますが、未経験の業種にチャレンジするとなるとスカウト型は厳しいものがあると感じました。
やはりスカウトする企業としてはこれまでの経験や職歴に基づき、即戦力になる人材がほしいのでしょう。

自分の場合は、スカウト型の転職サイト、地元の求人が豊富な求人サイト、専門職種の掲載が豊富な求人サイトなど、
いくつかの求人サイトに登録したり、定期的にハローワークに足を運んだり、知人に紹介してもらったりして、転職活動をすすめました。
企業の口コミや同じく転職活動中の人と話すなどして、企業研究などの情報収集もしました。

転職活動をする際の注意として、
転職活動をする際は貯金はある程度貯めておいたほうがいいと思います。
自分の場合は離職してから転職活動を始めたのですが、3か月ほど遊んで暮らしても平気なぐらいには貯金をしていたにも関わらず、
思った以上に転職活動が長引き、半年ほどかかってしまい、貯金が底を尽きかけてひーひー言っていました。
そうなると精神的にも厳しくなるので、離職してから転職活動をするのであれば貯金はしておいたほうがいいと思います。

そして、もう一点、注意をさせてもらうと、
転職は恋愛に例えられることが多いですが、本当にその通りで、「大手で定時で帰れて給料が良い=自分に合っている企業」とは限りません。
恋愛に例えるなら、とんでもなくイケメンでスタイルも性格も良い人はみんなのあこがれの的ではありますが、
その人が自分にピッタリ合って、生涯のパートナーに足る人かどうかはわかりません。
ちなみに自分はそんな完璧すぎる人とは一緒にいて、気が休まらないのでお断りです。もっと自分に合う人を探します。
企業も一緒で、見た目やうわべの条件に惑わされず、本当に自分に合うかどうかをじっくり見極めたほうがいいと思います。
仕事内容、職場の雰囲気、働いている人の平均年齢、性別比、手がけている事業など。
自分が1日8時間いるところだという事をしっかり頭において見極めるべきだと思います。
見極めるためにかける時間は長くていいと思います。
焦って決めてしまうと、結局途中で嫌になって、また転職したくなって、転職を繰り返す羽目になります。
なので、上記にも書いたように、見極めるためにかける時間のためにも貯金をしておくことを強くお勧めします。

何のために転職したいのか、何が不満だったのか、よく考えて転職先を選ぶことが大切だと思います。
転職活動を長く続けているとだんだん焦りで目的を見失いがちですが、そうならないように。
企業が何をしてくれるかではなく、その企業に自分が何をできるか、何が得られるかを考えるべきだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。