以前、私は製綿工の仕事をしていました。

以前、私は製綿工の仕事をしていました。木綿を砕いて最終的には脱脂綿に仕上げるのですが、かなりきつい仕事でした。海外から木綿を仕入れるのですが、100キロ近くある圧縮された木綿は凄く重たいです。台車に乗せて機械で、砕くのですが、工程がいくつもあります。砕かれた綿はまた台車に移し替えられ、薬品を入れて窯で一晩焚きます。焚かれた綿は水分が含まれているので、乾燥させて、また砕きます。それから40キロづつ袋詰めして、倉庫に運びます。主に機会がやってくれるのですが、工程ごとに100キロ以上ある台車を押したり、40キロの袋詰めの綿は人間の力で運ばなければならないので、脚に負担が掛ります。その作業を私は11年間続けました。気がつけば脚に異常がきていました。ふくらはぎがぶよぶよになったり、つるようになったりしていたので、病院へ行きました。すると下肢静脈瘤と診断され、仕事が原因であることが分かりました。痛み続けることもあるので、転職を決意しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。